• TEL: 044-986-7115

 

婚前契約書について

 

欧米では、婚前契約のことをプリナップ(Prenup)と言い、アメリカでは結婚する5組に1組、フランスでは4組に1組の割合で締結されていると言われています。
最近では、ハリウッドのセレブたちの間では婚前契約書を結ぶことは常識
というような、話をよく耳にされていると思います。

婚前契約書の作成は、少し後ろ向きなイメージがありますが、本来の目的はこれから始まる結婚生活にむけての未来の設計図を、二人で作る作業です。

日本人の特性として、結婚前にかかわらず、相手が嫌がるようなことにまで踏み込んで話をしたがらない傾向があります。
何となく、理解し合えていると思っていたことが、そうでなかったということが、結婚生活をスタートしてから、発覚することも多くあります。
その小さな不満の種が蓄積され、いつの間にか大きな森になってしまい、
気づいたときには、取り返しがつかないような事態になってしまうことがあります。

婚前契約書を作成することにより、その作成を理由づけにして事前にお互いがとことん本音で語り合える場を作ることが出来ます。

現在、初婚の年齢が高く、地域によっては、男女とも30歳以上になってきていることもあり、お互いある程度の生活基盤を築いた状態で知り合うケースが多く、そのため、大人の付き合いの延長線上になってしまい、そのようなドロドロとした部分は、敢えて避けてしまいがちです。

3組に1組が離婚する時代ですが、その原因の多くはコミュニケーション不足と言われています。
婚前契約書の作成を通じて、結婚前の時点で、お互いの思いをしっかりと確認し合うきっかけにし、この婚前契約書が、小さな(大きな?)トラブルの時々で活躍し、離婚の抑止のための保険証代わりとなればと考えます。

いわば「結婚保険」への加入です。

極端な話、逆の話になりますが、この婚前契約書を作成するにあたって、
どうしても受け入れ難い問題点が多数出てきたのであれば、結婚しないという選択肢もあり得るということです。
契約書作成どころの話ではなくなってしまいますが・・・。

法的な制約について

 

契約書をつくるタイミングですが、気を付けておかないといけないことは、結婚前に行うことが必要なことです。
民法では、夫婦間の契約の取り消しについての規定があります。

夫婦間の契約の取り消し権

第754条 夫婦間でした契約は、婚姻中、いつでも、夫婦の一方からこれを取り消すことができる。ただし、第三者の権利を害することはできない。

したがいまして、結婚前の他人間の契約であることが重要です。その場合、一方から契約を取り消すことは出来ません。

契約内容の例

・夫○○と妻○○は、お互いを敬い合い、深く愛し合い、支え合い
お互いを尊重することを誓います。
・夫は妻に対して、精神的、肉体的な暴力をふるわないことを誓います。
もしもそのような行為があった場合は、離婚協議を第三者を含めて実施するものとします。
・浮気については、一切認めません。一方に疑わしい行為があった場合は、相手側に包み隠さず、すべてを説明する義務を負います。万が一、浮気があった場合は、離婚協議を第三者を含めて実施するものとします。
・お互いの誕生日と結婚記念日には、夫婦で外食をします。
・夫と妻は、お互いに隠し事はしません。相手に対する思いやりと感謝の気持ちを忘れません。

※ 契約の内容につきましては、自由に定めることが出来ます。

婚前契約書の作成について

 

結婚が決まったらできる限り早く契約作成の作業に入ることをお勧めします。
少なくとも2か月くらいは、お互いに時間を作って、ゆっくりと話し合いを重ねてください。

また、公正証書にする場合は、公証役場での手続きに1~2週間必要となりますので、遅くても入籍の1か月前には契約書を完成させておくことが理想です。

公正証書にした場合、法的拘束力が強く裁判をしなくても、給与の差し押さえ等の強制執行が可能となります。原本は公証役場に保管します。

サポート内容

 

当所では、婚前契約に関してのカウンセリングおよびサポート業務をさせて頂いております。

・カウンセリング料(相談料)      ¥5,400/hr(税込)
※初回1/hrは無料。ご相談後、書類作成を依頼頂いた場合には、カウンセリング料の負担はございません。

・婚前契約書作成サポート           ¥54,000(税込)

・婚前契約書公正証書作成サポート       ¥76,000~(税込)
※公証人手数料は、別途必要です。


契約書完成までの流れ

カウンセリング(メールでのやり取り含む)

サポート料金のお振込み

カウンセリング内容を反映させた、婚前契約書の原案作成

契約書の内容についての擦り合わせ

最終確認及びご当人様の署名捺印

婚前契約書の完成

 

 

無料のご相談はこちらから